はじめに
 世界一周の動機
 世界一周!準備編
 世界一周!装備編
  - バイク
  - キャンプ用品

  - ウェア・衣服

  - 工具・予備パーツ
  - 撮影機材
  - その他
  - 装備リスト一覧
 世界一周!完結編
 旅のデータ一覧
 GPSデータ
  - おっさんの走行ルート
 管理人氏に質問!Q&A
 バイクで世界一周(ブログ)
 登場人物辞書



旅行記

  リアルタイム旅行記
 魅惑のパキスタン
 チベットを超えろ!


Home > バイクで世界一周 > はじめに

はじめまして「鉄馬に乗った流れ者」の管理人です。

このホームページは、どこにでもいるゲームや漫画好きで、中途半端にキャンプ好きな
エロ中年オヤジが自身の旅行記やツーリングレポートを公開して
「どうじゃ、わしと一緒にバイオレンスな人生をやらないか?」と惑わすサイトです。

この歳になって情熱的な単語を羅列するのもこっぱずかしいのでその辺り空気をよんで頂けると助かります。

2010年5月20日に世界一周へ出発し、旅行中の写真や旅行記、動画などを各地から配信予定です。

資金が底をついて帰ってくるのがやっとになるかもですが帰国後に地元で旅行個展を開く予定です。
詳細が決まりましたら改めて報告します。
 

■ Route - 走行予定ルート -
世界一周と一口に言ってもその定義はひとそれぞれですが管理人氏的にOKなんで小さいことは気にしちゃダメです。
当初はカナダに渡りそこから東まわりルートを考えたのですが、どうも出発の時点から日本に向かって走るのがしっくりこないので
走れば走るほど日本から離れていく西ルートです。予定旅行期間は1年〜2年です。

アジアのルートはバックパッカーでうろちょろしたので今回はパスです。
オセアニアについては・・・すでにあさっての方向だのん(=ω=)・・・。

ちなみにあくまで予定なので「管理人氏行く予定だったアノ国どうしたー!!」とか「その国行く予定だった!?」などの
突っ込みはナスで!



●「第1エリア ロシア・北欧」 ・・・ 日本/ロシア/フィンランド/スウェーデン/ノルウェー/デンマーク 約3ヶ月間

2010年5月20日に出発、同月23日に鳥取県境港から国際船イースタンドリーム号にて韓国経由でロシアのウラジオストウクへ
基本的にはシベリア鉄道にそってロシアを縦断します。シベリア鉄道が9000キロ近くあるらしいのでロシア横断すると10000キロぐらいになるのではないだろうか?と単純に考えてます。実際に走ればその辺りはわかるかO(≧∇≦)O

そのまま北欧に、シュンゲン協定のおかげでハイライトである北欧も滞在できてMAX2カ月と言ったところだと思われます。
それ以上滞在したらヨーロッパを滞在期間内に抜けれる自信ナス…。

まずはフィンランドを北上してヨーロッパ最北端であり北極圏でもあるノールカップ岬を目指します。
ちょうど走る時期が白夜の季節ということもあり"太陽が沈まない"世界を体験出来そうです。

●「第2エリア ヨーロッパ・中東」 ・・・ドイツ/オランダ/ベルギー/フランス/スペイン/ポルトガル/スイス/イタリア/オーストリア/ハンガリー/ルーマニア/ブルガリア/トルコ/シリア/ヨルダン 約4ヶ月

秋に追われながらユーラシア大陸の最西端「ロカ岬」を目指します。訂正…目指せるかな?
シュンゲン協定のために北欧を含めて欧州では90日間しか滞在できないのでかなり無理のあるペースです。地図上では既にポルトガルやスペインは予定走行ルートから外してますがなんとか出来ないかは考え中…(=ω=;)

あまりに走破することに執着してその国々が通過するだけになるって言うのも、管理人氏的にはNGなので走行しながら考えます。

シュンゲン協定国を抜けてしまえば我らが日本国籍の無敵具合が大爆発、ビザなしで数カ月間滞在可能な国がゴロゴロしていますので少しアフリカに向かって休憩するつもりです。へたすると雪で閉じ込められる可能性もありますね(滝汗)

中東は危険地帯は回避してイスラマーの優しさを満喫してきます。

●「第3エリア アフリカ」 ・・・エジプト/スーダン/エチオピア/ケニア/タンザニア/モザンビーク/南アフリカ共和国 約5ヶ月

北半球が冬の到来をむかえたところで南半球のアフリカへ突撃です。
最南端ケープタウンの喜望峰を目指してひたすら南下するのですが、変な病気にかかる率、野生動物に襲われる率、などが急上昇してデスフラッグ経ちまくりwwwケープタウンに早く到着した場合には少し長く滞在して北半球の冬をやり過ごします。

●「第4エリア 南米」・・・アルゼンチン/チリ 約2ヶ月

ボリビア、ペルーはバックパッカーで旅行をしたのですが、その先のパタゴニアまでは行ってないのでこれを機会にアンデス山脈を縦に突っ切る予定です。


■ Motorcycle - そもそもなぜバイク? -
これは旅行に対する考え方や求めるもので各自違うと思うのですが、バイクのあり余る機動力と自由度に期待してます。
バイクにもよりますが1リットル(日本ならジュース一本分の値段)で30qの移動が可能であり、バスや鉄道などの移動手段と違い
自分の止まりたい場所でとまり、進みたいタイミングで進むことができ、その国の空気をからだいっぱいに味わえる点が
最もポイントとなるところだと思います。

一覧でバイク旅行でのメリット・デメリットを考えると下記のような感じかな?

※.あくまで個人的な主観になります。

メリット デメリット

移動時間・距離が自由
写真におさめたい風景があればすぐとまれる
トイレに行きたくなったら即対応が可能(街だと逆に難しい)
交通手段の乏しい場所へも自由に行ける
バスや鉄道のような煩わしい作業がいらない
その国の空気をいっぱいに味わえる
現地の自然にどっぷり溶け込めそう
心強い相棒と一緒
 

元気じゃないと移動できない
移動中に休憩をとれない
常に荷物が盗まれないか注意を払う必要性が高い
下手なところに駐車出来ない(悪戯・盗難などにあうため)
入国・出国手続きが面倒になりそう
自分の居場所は自分で確認
荷物がやたら多くなる
バイクのそばから離れることができない(悪戯・盗難防止で)
ホテル宿泊時はバイクの保管場所も考えないといけない
現地人にどっぷり溶け込んだ旅行ができなさそう
旅費がやたら高い
交通事故の危険性がある
食堂やレストランでもバイクが心配になる


 








4Wanderer.com:menu
HOME | WORLD | TRAVEL | PHOTO | PROFILE | MOTORCYCLE | LINK |

当サイトに掲載されている文章、写真、イラスト等の無断転記・転用を禁止します。

Copyright(c)2000-2012 www.4Wanderer.net All Right Reserved